アーユルヴェーダライフ・インド占星術(ジョーティッシュ)研究プロジェクト。
アーユルヴェーダライフ・インド占星術(ジョーティッシュ)研究プロジェクト
生年月日・生誕地入力

以下の入力フォームに、生年月日(時間・分)および生誕地を入力してください。

 

(生年月日)


 

(誕生時間)

 

(出生地)


 

※日本標準時+ 時間

 

 

 

インド占星術とは

インド占星術とは、ヨガやアーユルヴェーダと同じく、インドの伝統思想「ヴェーダ」における知識体系のひとつであり、「Jyotish(ジョーティッシュ)」とも呼ばれます。

「Jyotish(Jyotisha)」はサンスクリット語における「Jyoti=光」「Isha=神(魂)」が組み合わさった言葉で、一般に「光の科学」という意味で知られています。

 

本来のジョーティッシュは「星学」と呼ばれる天体の動きを研究する学問であり、その歴史は「ヴェーダ」同様に大変古くから伝承されてきたものといわれます。

 

アーユルヴェーダライフ管理人、アーユルヴェーダやヨガといったインドの伝統文化や思想に触れる中で、このジョーティッシュと言われる「星の科学」にも大変関心を持ち、「インド占星術研究プロジェクト」として、少しずつ取り纏めた内容をご紹介していきたいと思っています。

ナヴァグラハ・インド占星術の9つの惑星

 

インド占星術では、「太陽」「月」「水星」「金星」「火星」「木星」「土星」、これに太陽と月の交点「ラーフ」「ケートゥ」の2つを含めた、9つの惑星の天空における配置や位置関係を重要視しています。

9つの惑星は「ナヴァ・グラハ」と呼ばれ、サンスクリット語で「ナヴァ」は9つ、「グラハ」は惑星を意味します。

ヒンドゥー教では9つの星々にはそれぞれの神々がいると考え、9つの惑星の神々に祈りを捧げる「ナヴァグラハ・プージャ」という祈祷も行われます。

 

アーユルヴェーダにおいて、私たちの身体のドーシャの働きが、季節や生活する地域や環境から影響を受けると考えられているのと同じように、「ジョーティッシュ」では、天空の星々の配置や動きが、私たちの身体のバランスはもちろん、人生の流れにも影響を及ぼすと考えられています。

 

伝統医学アーユルヴェーダ

インド、スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト|アーユルヴェーダライフ

アーユルヴェーダ伝統医学の情報サイト|アーユルヴェーダスタイル