予防医学、代替医療、生活の中の食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・オイルマッサージ・瞑想など)で注目されるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト「アーユルヴェーダライフ」
アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学|アーユルヴェーダライフ(Ayurveda Life)
「生命の科学」ともいわれるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・代替医療にとどまらず、高度な生命哲学としても注目されています。アーユルヴェーダでは、食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わる内容から、「生命」そのものについてまでが語られています。
「もだま工房コラボ企画」アーユルヴェーダのハーブ特集

「もだま工房コラボ企画」アーユルヴェーダのハーブ特集
アーユルヴェーダのハーブ特集「トゥルシー」
もだま工房 彦田治正さん - 第1回 -
(テキスト・写真|もだま工房 彦田治正さん)
アーユルヴェーダライフ読者の皆様、初めまして!

沖縄県の離島、石垣島でアーユルヴェーダハーブの栽培をしています、もだま工房の彦田です。

これから月に1回くらいのペースで、日本で見つけることができるアーユルヴェーダの薬草や木をこちらで紹介していくことになりました。

アーユルヴェーダで使う薬草というと、熱いインドの国で育つものというイメージがありますが、意外と寒い地域でのほうがよく育つものも多くあります。

「石垣島という地の利を生かしてハーブ栽培!」と思ったのですが、ふたを開けてみると、私の住む石垣島では暑すぎて育てられないというものが結構ありました(笑)。

※石垣島は、気候区分では熱帯雨林気候、沖縄本島は亜熱帯気候です。

アーユルヴェーダのハーブ類は「ヒマラヤ」のふもとで育つものも多く、意外と冷涼な気候を好むものも多いのです。

ですから、日本本土でよく見たら、雑草として生えていたり、栽培されていたりするものもたくさんあります。

そんな草木たちをアーユルヴェーダの知恵を通して再発見できたら、私たちの日常も少し違った景色になるかもしれませんね。

さて、紹介するといっても、そこはとても奥が深い世界ですから私もまだまだ浅学の身です。

いうまでもなく、その草木のすべてを知っているわけでもありませんし、また、その知識をすべて書けるスペースがある訳でもありません。
それに、間違えていることだって、たぶんあります。

このページの読者様にはわたしよりも詳しい方もきっと多いことでしょう。

そんな皆さんの知恵も、コメント欄を通して分けていただけたら、日本でも、もっと身近に「アーユルヴェーダのハーブ」に親しむことができるようになることでしょうから、みんなで「こんな使い方もあるよ。こんな話もあるよ」と、盛り上げていくことができたらいいなと思います。

前置きが長くなりましたが、それでは記念すべき第一回として紹介するハーブは「トゥルシー」です。

(写真1)
 

(トゥルシー)
学名:Ocimum sanctum syn Ocimum tenuiflorum.
日本語名:カミメボウキ。

ラサは「辛味」、ヴィールヤは「熱性」、ヴィパーカは「辛味」です。

ドーシャへの働きかけは、ヴァータとカファを下げ、過剰にとるとピッタをあげます。

免疫力をあげますから、風邪の予防にもいいし、抗菌作用がありますので、これからの季節にとても良い働きがあります。

神経を調整する作用を持ち、ストレスに対する抵抗力を高めます。

人はストレスにさらされるとコルチゾールという「ホルモン」が分泌され、それが過剰になると記憶をつかさどる海馬を委縮させ、頭の働きが鈍くなります。
「トゥルシー」は、そんなときにもコルチゾールの分泌を調整する機能が分かっていますので、鬱症の方やPTSDの方にも選好されることが多いようです。

「トゥルシー」がぼけの防止にもよいといわれるのは、このメカニズムのためかとおもわれますが、蜂蜜と一緒にとると、精神の明晰さも高めるともいわれています。

とても多くの種類の精油成分を含み、それらの働きや相乗的な作用によって様々な効果が確認されています。
また放射線被曝によるDNAの損傷を修復する力が強いことが分かっています。

ここで、薬効などをあげ始めたら、きりがないので、このくらいにしますが、このような非常に多くの効果をもつアーユルヴェーダの代表的なハーブの一つといってよいでしょう。

全体的に赤黒い色を帯びたものをクリシュナ・トゥルシー、きれいな緑色のものをラクシュミ・トゥルシーと呼んで区別されているときもあります。

もう少し詳しく知りたい方には、私のページで恐縮ですがリンクをつけておきますのでみてくださいね。
http://tubokusa.com/index.php?%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC

さらに詳しく知りたいという方には本の紹介です。

・「奇跡のハーブ ホーリーバジル トゥルシー―その薬効と治療法」

・「ネパール・インドの聖なる植物」
→トゥルシーについての神話や薬効も詳しく載っていて面白い本です。

ところで、写真をみて「あれ?私が育てているトゥルシーと違う?」と思った方も多いかもしれませんね。

トゥルシーとはインドの言葉で「比類なきもの」。 
つまり比べることができないくらい素晴らしいものということですが、それが何種類もあるところが、インドの奥の深さです(笑)。

ヒンディー語でトゥルシーとして、サンスクリットでトゥラシーと呼ばれるのは、上記の品種ですが、その他にもトゥルシーと呼ばれる品種はたくさんあります。
しかし他は、みんな、○○トゥルシーとつきます。

ただ、トゥルシーといったときには本来は上記の品種のようです。

そして、次の写真も世界中で栽培されている「トゥルシー」。
海外を含む複数の種苗会社では、カプール・トゥルシーとして販売されています。

アメリカでは30年以上前から栽培され、トゥルシーといえば、この品種と思っている人が多いそうです。

(写真2)
 

比較的涼しいところでも元気に育ちます。
次に紹介する大矢トゥルシーが普及する前には日本国内でも、こちらが「トゥルシー」として主に流通していたように思います。
とても香りが甘く優しい感じがします。

寒さにもトゥルシーの仲間では一番強いように思います。
非常に育てやすい品種です。

私のところではミツバチが最もあつまるのがこの品種です。
しかし、ここが難しいところですが、ヒンディー語で「kapurtulsi」、サンスクリットで「karpuratulasi」としてアーユルヴェーダの薬草図鑑に載っているのは、違う品種になります。

そして植物を同定するのにつかわれる学名ですが、インターネットの情報を見る限りクリシュナトゥルシーと同じ「Ocimum sanctum syn Ocimum tenuiflorum」と表記されています。
もし、これが間違いでないとするなら、シェパードとチワワが同じ「犬」という種類であるように、このトゥルシーとクリシュナ・トゥルシーは、同じ種類の植物ということになります。

ちなみにスイートバジルの学名は「Ocimum basilicum」ですが、この学名を持つバジルには「レモンバジル」「FINO VERDE BASIL」「DWARF BASIL」「OPAL BASIL」「NEW GUINEA BASIL」「CINNAMON BASIL」「LICORICE BASIL」・・・などなどいろいろありますから、そういうこともあり得ます。
だから、わからないものです。

だんだん迷宮に入ってきました(笑)。

そしてこちらが日本では「トゥルシー」として、一番栽培されている品種でしょう。

(写真3)
 

日本でのトゥルシー普及に努め、「奇跡のホーリーバジル」という本を翻訳された大矢泰司先生が、日本の気候条件にも適した改良品種のホーリーバジル「大矢トゥルシー」として、全国に紹介されたものです。

そして、とても良い味と香りです。
トゥルシーといえば(写真1)のトゥルシーが、海外では一般的ですが、(写真1)は、やや味が鋭くて、ハーブに慣れていない人にとってはちょっときつく感じられますし、本州で育てるには生育期間が短いの難点です。

日本での栽培普及が急務とお考えになって、こちらの(写真3)の品種を広めたのでしょう。

今では国内で栽培されているトゥルシーは、インターネットを見る限り、ほとんどこちらの品種が主流ですから、大矢泰司先生の活躍がなければ日本で「トゥルシー」はこれほど広まっていなかったといってもよいでしょう。

トゥルシーは放射線被ばくから、身体を守る働きがありますし(放射線によって生じる活性酸素の除去能力が高いから)、また科学的な裏付けはまだ不十分な点もありますが、土地や空気の浄化の力がとても高いと信じられている植物です。

福島でアーユルヴェーダの薬草園をしていた大矢先生が「福島の祈り」として、3・11以降とても精力的に普及に努めておられました。


大矢先生は昨年11月30日に亡くなられましたが、文字通り彼のまいた種がこうして日本で普及しています。
この場を借りてご冥福をお祈りしたいと思います。


しかし、この品種が改良品種であることを知らなかった私は、トゥルシーと呼ばれるものが何種類もあるけど、本当はどれなんだ?ととても混乱したものです。
本に載っているものと、実際に見るもの、そして海外を含めたインターネット情報がどれもバラバラで、大混乱したものです。
2次元の世界でもインドはインドだったのでした(笑)。

トゥルシーに限らず、アーユルヴェーダの薬草を同定しようとすると、学名が分かっているにもかかわらず、なぜか違う植物にぶち当たり調べれば調べるほどわからなくなる時があります。
これは、アーユルヴェーダという面白い世界があると知り、だけど、そこで使われるハーブが日本では手に入りづらいと知ったときに、ではその栽培をしよう!と思った矢先のことでした。

伝統とは、個人が勝手に調べて理解できるものではないと、いきなり思い知らされました(笑)。



トゥルシーはお茶として、あるいは生葉として数枚食べるには特に問題はありませんが、例えば乳製品と一緒にとるときには、他の香辛料と一緒にとらなければならないとか、妊婦さんが摂るときには気を付けなければならないとか、手術を控えている人や血液抗凝固薬を飲んでいる人は使用を控えるなど禁忌事項もあります。

ピッタ過剰の症状があるときも控えたほうが良いでしょう。

もだま工房 彦田治正

(石垣島アーユルヴェーダハーブ園・もだま工房)
http://tubokusa.com/

(もだま工房 Facebook)
https://www.facebook.com/%E3%82%82%E3%81%A0%E3%81%BE%E5%B7%A5%E6%88%BF-270099669689833/



(コラム執筆)
お名前(facebook) もだま工房 彦田治正さん
ホームページ http://tubokusa.com/
お問い合わせ burahumi@yahoo.co.jp
(アーユルヴェーダのハーブ特集)


ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
スタジオ・テージャス
アーユルヴェーダサロン ウパスティティ

アーユルヴェーダとは
基本理論
体質論(ドーシャ理論)
ドーシャの体質チェック
診断法(脈診)と心身浄化法(パンチャカルマ)
ヴェーダについて
トップページに戻る

アビヤンガ・ボディ・ウォッシュ
アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ・健康レシピ・スパイス一覧|代表的なスパイスをご紹介します。
インドの神様|アーユルヴェーダに関係深いヒンドゥーの神様をご紹介します。
ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
インド伝統雑貨 SitaRama(シーターラーマ)