予防医学、代替医療、生活の中の食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・オイルマッサージ・瞑想など)で注目されるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト「アーユルヴェーダライフ」
アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学|アーユルヴェーダライフ(Ayurveda Life)
「生命の科学」ともいわれるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・代替医療にとどまらず、高度な生命哲学としても注目されています。アーユルヴェーダでは、食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わる内容から、「生命」そのものについてまでが語られています。
コラム「生活の中のアーユルヴェーダ」

アーユルヴェーダライフ・コラム ~生活の中のアーユルヴェーダ~
「『至福』のオイルマッサージ」
 Berry Moon 櫻井真実さん - 第3回 -
(テキスト・写真|Berry Moon 櫻井真実さん)
親愛なるみなさま。
お元気でお過ごしでしょうか?
10月に入り、急に秋が深まってきましたね。

この季節の10月は、アーユルヴェーダで、「ヴァータの乱れやすい季節」といわれています。
そして、ヴァータを乱すことによって、ヴァータの風に煽られるようにピッタの火が大きくなり、それに連動してカパも乱れてしまい、すべてのドーシャが乱れるという、ちょっとやっかいな季節です。

こんなふうに聞くと、ちょっと怖い気がしますね。でも、きちんとケアをすれば大丈夫です。
もともと、ヴァータを乱してしまうことで、すべてのドーシャが乱れてしまうのですから、まずはヴァータから整えて、他のドーシャが必要以上に乱れないようにこころがけて過ごしてみましょう。

では、どのように整えていったら良いのでしょうか?

ヴァータの整え方はいろいろあるけれど、やっぱり私のいちばんのお薦めは、アーユルヴェーダの王道、「オイルマッサージ」です。
白ごま油をキュアリング(加熱処理)して肌に塗る、あの、雑誌やエステの広告で良く見る、アーユルヴェーダ・オイルマッサージです。
何しろ、気持ちがいいですし、家庭で出来るので経済的で、すぐにヴァータが整います。
なにごとも、シンプルなのが一番です。

もともと私はヴァータを乱しやすい体質です。
ヴァータが乱れると、身体の締まりがなくなるので、代謝が落ちたのだとすぐにわかります。
そこでオイルマッサージをするとすぐに肌はしっとりとして、1・2回ですぐに身体のラインが締まって整ってきます。

また、メンタル面でもヴァータの乱れから、やることが多く感じて、なかなかふとんに入って眠ることができなくなったり、なんとなく不安になって、無駄な動きが多くなって疲れたり、甘い物を衝動的に食べたくなったり、喉が痛くなったり、そして、くよくよと答えが出ないことを考えたり・・・と、もうよくないこと満載・・・という状態にしばしば陥ります。
そんな時、無理をして早寝をしようと頑張ったり、甘い物を我慢しても、出来ないと、罪悪難にさいなまれ、よけい神経に緊張を与えてしまい、ヴァータをさらに乱してしまう・・・という悪循環にはまります。
悪いと思っていても、なかなか改めることが出来ないのも、ヴァータを乱している時の特徴ですね。

そんな時は、迷わず「アーユルヴェーダ・オイルマッサージ」です。

もちろん、サロンでのオイルマッサージも気持ちが良いのですが、美容と健康だけでなく、メンタル面の浄化にも、とても効果があるので、アーユルヴェーダライフを楽しむのであれば、ぜひ、オイルマッサージも日常に取り入れたいものです。

使うオイルは、基本「白いごま油」です。
太白ごま油という名前で売られていて、スーパーなどで購入が出来ます。
普通のごま油(茶色い色をしている)は、炒ってから絞っていますが、「白いごま油」は白ごまを生のまま加熱ぜずに絞った油です。
その、白ごま油をキュアリンング(加熱処理)をしたものを、肌に塗っていきます。

ごま油の独特な香りはなく、肌に塗った感じは、以外にもさらっとしています。
もともと、「ごま」は、ピッタの質を多く持っていますので、ヴァータが乱れて冷えている時、皮膚に「白ごま油」を塗ると、身体があたたまり、代謝を高めてくれる作用があるのです。
代謝が高まると、消化力が上がり、自然と免疫力も上がってきます。

ごま油は肌に塗ると、毛穴から毛細血管に入り、そこから血液循環に乗って全身を巡り、身体を温めるなどして、効果を最大限に引き出すと、約15分で骨まで到達するといわれています。
浸透したごま油は、身体の中に溜まっているアーマ(毒素)を溶かし、浮き上がらせて皮膚表面や排泄器官に導き、汗や尿などになり体内から排出する・・・という仕組み。
ここでいうアーマは、身体だけのものではなく、メンタルアーマも一緒に浄化していくのです。
ようするに、身体の芯から浄化するわけです。
どんなに良い物を食べても、身体の中に前に食べた物の未消化物アーマがたくさん溜まっていたら、栄養もきちんと消化吸収されません。
重く、沈んでいたこころも、気が付くと「いつのまにか、なんとなく・・・」元気になってきているのに、気がつきます。

なんだか、とらえどころのない話しに聞こえますが、アーユルヴェーダの医師は「いつのまにか、なんとなく・・・」が大切だとおっしゃいます。
この、元気は「外側からやってきたものではなく、自分自身の内側から湧き出てきたものだからです。」とおっしゃっていました。
オイルマッサージをすることで、自然と自分の内側から整ってくるのです。
本当に、身体のアーマが浄化されて、つまりがなくなり、巡りが良くなると、日常の出来事や人間関係も、詰りがなくなり、巡りが良くなってきます。

これが、アーユルヴェーダ生活をしていて面白いところです。
身体の浄化は、環境も浄化してくれるのです。

みずからが自然に近づくことで、自然からのメッセージをたくさん受け取ることが出来るようになるのですね。

「自分でオイルマッサージはムリ!!」と思う方は、はじめは、シャンプー前に頭だけとか、夜寝る前に膝から下だけでも試しに行ってみたらいかがでしょうか?

私が読んでいる本はこちらです。
オイルマッサージの効能や手順が、分かりやすく書いてありますので、参考にして下さいね。

白ごま油 ぬるだけ健康法 (PHP文庫)/PHP研究所
¥500 Amazon.co.jp

マッサージのやり方は、私は日ごろ自分が通っているクリニックで施術してもらう、マッサージの手順やスピードを覚えて、まねをして行っています。

そのクリニックで行うマッサージは、まずアーユルヴェーダの医師の脈診を受けます。
そして、その時のドーシャの状態に合わせて、オイルの選定、マッサージのスピードなどの細かい処方が医師によってだされます。

そして、そのマッサージ(アヴィヤンガ)の手順は、身体の内側から外側に向かう様にして行なっていきます。
これは身体が、外に伸びるように発育した記憶や、自然の法則に準じているからだそうです。
(体質によって外から中心に向かうこともあるそうですが・・・)

人が胎児だった頃、身体の中心から外側に向かって手や足が出来たように、内側から外側に向かって、流れるように施術をされていきます。
まるで、細胞の記憶をなぞるように・・・です。
細胞の記憶をなぞられるのは、「至福」この上ないのです・・。

※私が通っているアーユルヴェーダクリニックは⇒こちら

自宅でセフルマッサージをするとなると、必ず必要になるのが、キュアリング(加熱処理)をされた、ごま油を用意しなければなりませんね。

では、簡単にご紹介します。

― ごま油のキュアリンング方法(加熱処理方法)―

<準備するもの>
・太白ごま油
・鍋
・温度計
・密閉ボトル

 

<作り方>
・太白ごま油を鍋に移し、弱火で温めます。
・90度まで加温をしたら、火からおろしてそのまま100度になるのを待ちます。(110度にならないように注意)

 

・自然に冷めたら、密閉ボトルに移します。

 

キュアリングしたオイルは、密閉ボトルで保存した場合、約3カ月くらいもちます。

最後の写真の小さなボトルは、持ち運び用のオイルです。外出や外泊の時に持ち歩きます。

私は、のどが弱いので、乾燥するとすぐに風邪を引きます。
朝起きた時に、乾燥してのどが痛い時にも、ごま油でうがいをすると、すぐに治ります。
オイルのうがいには、白髪予防や抜け毛の予防にも効果があると言われています。

オイルマッサージをしてはいけない時もあります。
たとえば、満腹のとき。食後すぐあとは避けて、2時間くらい空けて胃の中に食べた物がなくなってから行います。
それから、女性の場合生理開始から3日間はNG。
全身がだるい時や熱がある時も、オイルマッサージはお休みです。

皮膚に炎症を起こしている時も、ごま油はNGです。
ごま油のピッタの質が炎症をさらに悪化させてしまうからです。
夏から秋にかけての時期、またはピッタを乱しやすい方は、皮膚にかゆみや炎症を起こしてしまうかもしれません。
その場合は、オリーブオイルかココナッツオイルを使いましょう。
キュアリング(加熱処理)は必要ありません。

最後に、妊婦さんや重い病気や慢性病を患っている方は、自己判断をせずに、前もってアーユルヴェーダ医師に相談をされた方が良いでしょう。

では、みなさま、ご家庭で「至福」の時を、お過ごしくださいね。

アーユルヴェーダの知識が、みなさまのこころと身体の健康に役立ちますように・・・。

Berry Moon 櫻井真実



【Berry Moon アーユルヴェーダ講座のご案内】

●アーユルヴェーダから学ぶシンプル・ライフ 「乳製品と油のはなし」
(日時) 2012年11月10日(土)全1回 13:00~14:30
(場所) 板橋区小茂根1-9-5、サイマーケット2階 Cスタジオ

(各講座へのお申し込み・お問い合わせ)

Berry Moon アーユルヴェーダ講座
ホームページ : http://plaza.rakuten.co.jp/lemon07olive/4005
※受講料・日時・場所等の詳細は こちら から。
お問い合わせメールアドレス : berry-ayurveda@kdn.biglobe.ne.jp



(コラム執筆)
お名前(facebook) Berry Moon 櫻井真実
ホームページ http://www7b.biglobe.ne.jp/~berry-ayurveda/
お問い合わせ berry-ayurveda@kdn.biglobe.ne.jp
(コラム連載)
「大自然の観察と心身の調和」 SitaRama ひるまさん - 第3回 - (2017.05.13)


「未消化物=毒素(アーマ)の排出」 アーユルヴェーダサロン・Richural 中村友恵さん - 第1回 - (2017.04.30)


「アーユルヴェーダの≪3つの心の質≫を知って心と体を整える」 朝倉智美さん - 第9回 - (2017.04.22)


「あなたに合う食べ物はなんですか?」 アーユルヴェーダ料理研究家 三浦 麻貴さん - 第2回 - (2017.04.12)


「スリランカ現地で発熱!村の小さな診療所」 Sri Saumya(スリサウムヤ) Rieさん - 第2回 - (2017.04.03)


「根源のエネルギー、ターメリックを取り入れる」 SitaRama ひるまさん - 第2回 - (2017.03.25)


「アーユルヴェーダの聖地・スリランカ滞在記」 Sri Saumya(スリサウムヤ) Rieさん - 第1回 - (2017.03.16)


「アーユルヴェーダは今のあなたを映し出す」 Y's season 吉原 由夏さん - 第1回 - (2017.02.16)


「インドのふりかけ『チャマンディポディ』」 水野 香織さん - 第2回 - (2017.01.26)


「薬にならないものはない」 アーユルヴェーダ料理研究家 三浦 麻貴さん - 第1回 - (2016.12.11)


「女子力も男子力もアップするミラクルなギー!」 水野 香織さん - 第1回 - (2016.11.30)


「シロダーラで脳に深いリラックスを」 ガネーシャ 宮崎瞳さん - 第1回 - (2016.11.20)


「ガルシャナ+オイルのセルフケア」 ヨーガ・アーユルヴェーダセラピスト 林亜希さん - 第2回 - (2016.11.13)


「オージャス通帳を作って、健康と若さを貯蓄しよう」 ルナーシャ 関充子さん - 第2回 - (2016.09.20)


「夏は火(ピッタ)の季節 」 カナディール 朝倉智美さん - 第8回 - (2016.08.27)


「快適な夏の過ごし方とおすすめハーブウォーター」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第15回 - (2016.08.05)


「早起きが人生を変える理由」 マナス 住吉真知子さん - 第1回 - (2016.07.25)


「生活に根付くハーブ療法」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第14回 - (2016.07.18)


「インド・スパイス家庭料理『パオバジ』」 ミシュラ京子さん - 第7回 - (2016.05.29)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『紫ウコン』」 もだま工房 彦田治正さん - 第4回 - (2016.05.20)


「朝日を浴びる『ブラフミームフールタ』」クスママーラー 大嶺由香さん - 第1回 - (2016.05.10)


「アーユルヴェーダの原典『アタルヴァヴェーダ』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第13回 - (2016.05.04)


「『タルパナ』太らせるためのアーユルヴェーダ」 ルナーシャ 関充子さん - 第1回 - (2016.04.10)


「ヘナという植物」 Trinity 小林佐知子さん - 第1回 - (2016.03.08)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『春ウコン』」 もだま工房 彦田治正さん - 第3回 - (2016.02.13)


「日本の言葉の中から見つけるもの」 サヴァサナ SARAさん - 第10回 - (2016.02.05)


「インドの音楽療法とアーユルヴェーダ」 民族音楽療法士 若林忠宏さん - 第2回 - (2016.01.31)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『ブラフミ』」 もだま工房 彦田治正さん - 第2回 - (2015.12.30)


「インド・スパイス家庭料理『アルーゴビのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第6回 - (2015.12.23)


「インドの音楽療法とアーユルヴェーダ」 民族音楽療法士 若林忠宏さん - 第1回 - (2015.12.07)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『トゥルシー』」 もだま工房 彦田治正さん - 第1回 - (2015.11.30)


「トリカトゥ/疲れている時にはアーマ(毒)出しを」 MyCocoon 岸川杏子さん - 第1回 - (2015.11.22)


「身体の『知性』を呼び起こす」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第12回 - (2015.11.03)


「アガスティアの葉に出会う旅」 アーユルヴェーダライフ管理人 - 第1回 - (2015.10.04)


「清らかな食べ物、清らかな思考」 Oriental Approach 廣澤貴子さん - 第1回 - (2015.09.10)


「夏の夜を快適に/アーユルヴェーディックヨガ」 Santania 西園和代さん - 第2回 - (2015.09.01)


「アーユルヴェーダと夏」 カナディール 朝倉智美さん - 第7回 - (2015.08.16)


「肌トラブルとアーユルヴェーダ」 ayurveding タイラ ヒカルさん - 第1回 - (2015.08.06)


「健康に楽しく夏を過ごすためのアーユルヴェーダのアドバイス」 アヌパマ先生 - 第1回 - (2015.07.23)


「気候の変化の激しい時期『20のグナ(質)』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第11回 - (2015.06.06)


「ドーシャ別簡単ストレス解消法①/ヴァータ編」 Santania 西園和代さん - 第1回 - (2015.05.04)


「インド・スパイス家庭料理『春のベースンサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第5回 - (2015.04.06)


「スリランカの魅力とアーユルヴェーダ」 カナディール 朝倉智美さん - 第6回 - (2015.02.18)


「アーユルヴェーダの花粉対策」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第10回 - (2015.02.05)


「晩冬の過ごし方」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第9回 - (2015.01.11)


「インド・スパイス家庭料理『ミックスダール』」 ミシュラ京子さん - 第4回 - (2014.12.28)


「私たちの五感『皮膚と触覚』」 カナディール 朝倉智美さん - 第5回 - (2014.12.16)


「インドのスパイスとアーユルヴェーダ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第8回 - (2014.11.08)


「頭を大切にしましょう」 アーユルビューティ 長尾理恵さん - 第1回 - (2014.10.26)


「秋の不調を整えるメンテナンスオイル」 AYUR SPACE Laxmi 一丸千尋さん - 第1回 - (2014.10.13)


「インド・スパイス家庭料理『クムラ(かぼちゃ)のカレー』」 ミシュラ京子さん - 第3回 - (2014.10.01)


「私たちの五感『口と味』」 カナディール 朝倉智美さん - 第4回 - (2014.09.23)


「入るもの、溜まるもの、出すもの、取り入れるもの」 サヴァサナ SARAさん - 第9回 - (2014.09.15)


「インドネシア・バリ島の伝承医薬『ジャムウ(jamu)』」 林亜希さん - 第1回 - (2014.08.12)


「インド・スパイス家庭料理『オクラのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第2回 - (2014.08.04)


「私たちの五感『鼻と香り』」 カナディール 朝倉智美さん - 第3回 - (2014.07.07)


「アーユルヴェーダの外科治療」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第11回 - (2014.07.01)


「梅雨の季節のセルフケア」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第7回 - (2014.06.16)


「インド・スパイス家庭料理『キャベツのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第1回 - (2014.06.08)


「オイルケアで若返る」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第7回 - (2014.06.01)


「私たちの五感『耳と音』」 カナディール 樋山智美さん - 第2回 - (2014.05.06)


「医は仁術」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第6回 - (2014.04.20)


「『食』を知ると自然と『解毒』できるというお話し」 サヴァサナ SARAさん - 第8回 - (2014.04.05)


「私たちの五感『目と色彩』」 カナディール 樋山智美さん - 第1回 - (2014.03.26)


「インドのおみやげ」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第5回 - (2014.03.17)


「サットヴァを輝かせる」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第6回 - (2014.03.11)


「3つの学習方法」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第4回 - (2014.02.19)


「アーユルヴェーダで寒い冬を健やかに」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第5回 - (2014.01.26)


「エネルギー満ちる冬」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第3回 - (2014.01.10)


「12月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第18回 - (2013.12.22)


「身体によい食事」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第2回 - (2013.12.03)


「11月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第17回 - (2013.11.23)


「アーユルヴェーダの一日の過ごし方」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第10回 - (2013.11.17)


「無駄なことと贅沢なこと、大事なことと感じること」 サヴァサナ SARAさん - 第7回 - (2013.11.07)


「アーユルヴェーダの干しぶどう」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第1回 - (2013.10.31)


「10月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第16回 - (2013.10.24)


「9月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第15回 - (2013.09.24)


「ガネーシャ・チャトゥルティ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第9回 - (2013.09.15)


「活力の素『オージャス』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第4回 - (2013.09.04)


「8月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第14回 - (2013.08.10)


「アーユルヴェーダと若返り」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第8回 - (2013.07.22)


「暑い夏におすすめのヨーガ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第3回 - (2013.07.10)


「7月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第13回 - (2013.07.03)


「健康に暮らすことはとてもシンプル」 サヴァサナ SARAさん - 第6回 - (2013.06.16)


「6月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第12回 - (2013.06.08)


「インドの食生活とアーユルヴェーダ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第7回 - (2013.05.25)


「身体と心の捉え方(ヨーガの身体観・5つの鞘)」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第2回 - (2013.05.19)


「アグニ(消化の火)」 PADMIN Kayoko Thomasさん - 第1回 - (2013.05.11)


「5月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第11回 - (2013.05.04)


「ヴァータの時間の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第10回 - (2013.04.27)


「インドの暑い春!!」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第6回 - (2013.04.19)


「アーユルヴェーダは私たちの中にあります」 サヴァサナ SARAさん - 第5回 - (2013.04.15)


「4月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第9回 - (2013.04.04)


「アーユルヴェーダの六つの味」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第8回 - (2013.03.20)


「健康であるため心得ておくこと ~意識の道具『心』~」 サヴァサナ SARAさん - 第4回 - (2013.03.10)


「春におススメのヨーガアーサナ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第1回 - (2013.03.03)


「サットヴァな食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第7回 - (2013.02.27)


「アーユルヴェーダのヘッドマッサージ」 アーヤタナ・ヒーリングスペース 林ミナさん - 第1回 - (2013.02.23)


「アーユルヴェーダとチョコレート」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第6回 - (2013.02.13)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第5回 - (2013.02.09)


「スパイス・ハーブの効能一覧」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第3回 - (2013.02.04)


「軽い質の食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第6回 - (2013.01.26)


「インド便り・ケララレポート」 Shanti Rupa ひるまさん - 第1回 - (2013.01.24)


「丁寧に暮らしてみる」 サヴァサナ SARAさん - 第3回 - (2013.01.18)


「サットヴァな生き方を目標に」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第5回 - (2013.01.11)


「ヴァータのバランス」 サヴァサナ SARAさん - 第2回 - (2012.12.23)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第4回 - (2012.12.20)


「日本の中にあるアーユルヴェーダ」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第5回 - (2012.12.17)


「アーユルヴェーダの『食』について」 サヴァサナ SARAさん - 第1回 - (2012.12.2)


「『ディアチャリア』理想的な1日の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第4回 - (2012.11.21)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第3回 - (2012.11.15)


「手当てはプラーナを送る?」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第4回 - (2012.11.06)


「マルマとヨーガ」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第2回 - (2012.10.24)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第2回 - (2012.10.20)


「『至福』のオイルマッサージ」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第3回 - (2012.10.16)


「ハーブ・スパイス・オイルについてのあれこれ」 ヴァーユ Megumiさん - 第1回 - (2012.10.14)


「かぼちゃと豆乳の温かいスープ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第3回 - (2012.10.01)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第1回 - (2012.09.18)


「日本の食『オカサトミア』」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第2回 - (2012.09.14)


「“呼吸法”・“瞑想”のすすめ」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第1回 - (2012.09.10)


「アーユルヴェーディックな豆腐サラダ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第2回 - (2012.09.03)


「出来立ての食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第1回 - (2012.08.25)


「アーユルヴェーディックな夏のそうめんレシピ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第1回 - (2012.08.01)




ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
アーユルヴェーダサロン サヴァサナ
アーユルヴェーディック ヒーリング サロン yujuna

アーユルヴェーダとは
基本理論
体質論(ドーシャ理論)
ドーシャの体質チェック
診断法(脈診)と心身浄化法(パンチャカルマ)
ヴェーダについて
トップページに戻る

ジヴァ・ジャパン アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダとヨガ(Ayurveda and Yoga)で心と身体を繋ぐ。アーユルヴェーダとヨガの情報サイト「アーユルヴェーダスタイル」
アーユルヴェーダ・健康レシピ・スパイス一覧|代表的なスパイスをご紹介します。
インドの神様|アーユルヴェーダに関係深いヒンドゥーの神様をご紹介します。
ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
インド伝統雑貨 SitaRama(シーターラーマ)
ヘナ日和