予防医学、代替医療、生活の中の食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・オイルマッサージ・瞑想など)で注目されるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト「アーユルヴェーダライフ」
アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学|アーユルヴェーダライフ(Ayurveda Life)
「生命の科学」ともいわれるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・代替医療にとどまらず、高度な生命哲学としても注目されています。アーユルヴェーダでは、食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わる内容から、「生命」そのものについてまでが語られています。
コラム「生活の中のアーユルヴェーダ」

アーユルヴェーダライフ・コラム ~生活の中のアーユルヴェーダ~
「インドのアーユルヴェーダライフ『アーユルヴェーダと若返り』」
  ワゴリ・アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第8回 -
(テキスト・写真|大橋美和子さん)
インド・プネにあるワゴリ・アーユルヴェーダ大学に留学中の大橋美和子さんより、現地のアーユルヴェーダ事情や生活の様子についてご紹介くださいます。

(大橋美和子さん)
薬剤師。2009年からインド・プネのワゴリ・アーユルヴェーダ大学に留学中。



梅雨のような曇り空が続くプネーです。
明日は、延び延びになっていた実技の試験があります。
筆記試験があったのは、先々月末でした。
それから色々あって、約1ヶ月経ってようやく試験が終了します!

その間、日本から突然のお客様をお迎えしました。
アーユルヴェーダライフの管理人様を通じての、なんとテレビの取材です。

 

取材内容は、ワゴリのアーユルヴェーダ大学やインドでの若返り健康法を紹介して頂けるということで、テレビ東京の健康番組「主治医がみつかる診療所」でした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/

「どうしようかなあ」と考える間もなく、校長先生から「日本からテレビの取材がこられるから、この日は必ず学校にくるように!」と連絡もあり、いつの間にやら学校にも取材の申し込みを頂いていたようで。
ディレクターさんを始めとする取材陣の方々も、予定より早いプランでプネーに来られるということ。
テレビの取材というものがどういうものなのかわからないけど、とにかくわざわざ遠いところから来て下さる皆様と、先ずはお会いしてお話してみようという気持ちになりました。

アーユルヴェーダのテレビの取材ということで、初めはどうなることか不安もありましたが、ディレクターの花田さんを始めとする取材陣の方とお会いしてから数日、あっという間に取材終了。
なんとTake2の深沢さんまで、はるばるインドまでお越し下さり、おかげで、バタバタしながらも本当に楽しい数日間を過ごさせて頂きました。
(深沢さんのブログ http://ameblo.jp/fukasawa-kuniyuki/entry-11560086466.html
 

ディレクターの花田さんを始め、皆さんとにかく誠実で良い方ばかりだったので、嬉しくなって思っていたよりも隅々まで(?)ご案内をしてしまいました。

番組では、若返りのための健康法として、サダナンダ先生の起床後の朝の健康法を実践される様子なども紹介されます。
いつもサダナンダ先生が患者さんにすすめられている毎日の運動や散歩、モーニングドリンク、朝食の取材に同行して、私も一緒に体験できました。

 

ワゴリのパンチャカルマ施設では、深沢さんにもミニパンチャカルマの体験を受けて頂きました。
また、プラバタイの料理、ギーの作り方、学校での授業風景、薬草園、お寺、病院の様子などなど。
プネ市内のインドレストランやマーケット、そして私の住んでいるお部屋まで(汗)取材に来られました。

 

とにかく、日本の友達や家族の皆にもみてもらえたらいいなあと思っていた、ワゴリの人々やプネの市内を、短期間とはいえみっちりガイド(笑)しちゃいました。

・  ・  ・

この取材を通じて、毎日私が何気なく習慣としている事に、ひとつひとつ「なぜ、それが健康によいのか?」と聞かれたことで、ハッとしたことが度々ありました。

ワゴリの学生生活も数年経って、私の中ではすっかり日常風景のひとつになっていた、インドではあたりまえのアーユルヴェーダの習慣も、日本の方からみると珍しいことばかりです。
日本の食生活ではほとんどスパイスは使われませんし、アーユルヴェーダの薬もありません。
こうしてインドで生活していると、つい忘れがちになる、日本の感覚とインドの違いをあらためて再確認することになりました。

今回の取材はアーユルヴェーダの若返り効果がテーマだったのですが、私自身、取材陣の皆さんにアーユルヴェーダをご紹介していく中で、そのアーユルヴェーダのいずれの知識もが、どれをとっても若返りに繋がるものであるということにあらためて気付かされ驚かされます。

アーユルヴェーダは、「生命の科学」「命の学問」といわれます。
これらは医学として広範囲な知識を含んでいますが、内科・小児科・精神科・外科など、大きく8つの部門に分けて伝えられており、その一つに「ラサーヤナ」つまりは「若返り法」部門があります。

現代のアーユルヴェーダにおいては、いずれの部門においても多かれ少なかれ若返り法は取り入れられており、投薬や処方において実践されています。
また薬に関しては、「若返り効果のある薬」とはどのようなものであるのか、はっきりとした定義もなされています。

「若返り効果のある薬は、心身の衰えを防ぎ、心身を再生することによって、老化(加齢)を遅くする。老化を逆行させることさえある。身長や体重を増やすだけではなく、質を高める。ただの栄養補給ではなく、もっと特殊な微妙な作用をもち、効果を長続きさせる。」

これらは、具体的に薬草でいうと「シャタワリ」「アロエ」「トリファラ」など。
食品では、牛乳、ギーなど。
またアーユルヴェーダのラサーヤナで使われる珍しい製薬材料としては、金や銀もあります。
金を使った簡単な若返り法としては、純金またはそれに近いリングや金貨を水に入れて沸かし、半分まで煮詰めて飲むといった方法などもあります。
これは特に記憶力や精神力を強くするといわれます。

またアーユルヴェーダでは、それらを効果的に使う時期も定義されます。
例えば、浄化療法をうける体力のある方であれば、浄化療法を受けた「後」に行うと良いとされ、そうすれば、体の毒素や老廃物が減ったあとの若返った身体を維持し、より一層の若返りの効果があるとされています。

 

ワゴリのガン研究センターに来られている患者さんでも、こうしたラサーヤナを取り入れた処方により、以前は癌の化学療法の副作用に悩んでおられたそうなのですが、アーユルヴェーダの食事療法・健康法によって、抜けていた髪の毛が元通りになり、肌もつやつやして、日常生活にも支障がでなくなったと喜んでいらっしゃいます。
現代の西洋医学と併用してアーユルヴェーダを治療に取り入れることで随分効果がでているようです。

このように、ワゴリで何を紹介しても、全てが「若返り」に繋がっていくことにあらためて驚きました。

アーユルヴェーダの若返りは、日本のようにアーユルヴェーダのハーブや薬がなくとも、食事や健康法のコツを知ることで使えることはたくさんあります。

たとえば、今回の取材で私の日課も紹介させていただいていますが(本当はとても恥ずかしかったのですが)、毎朝常温の水を飲む事や、呼吸法や瞑想などもアーユルヴェーダの簡単な実践法のひとつです。
特に呼吸法は、運動が苦手な私にもできる室内での簡単な若返り法です。

インドにおける現代人のための体を動かす瞑想であるOSHOアクティブメディテーションについてもご紹介していますが、この中で(BGMの著作権の関係上、放送されなかった部分ですが)最近の瞑想法として、ただじっと座るのではないアクティブメディテーション等もあり、これは私がインドにきて毎朝学校に行く前に実践してきた若返り法です。
私も運動は苦手なのですが、アクティブメディテーションは頭も体もスッキリするので続けられています。
こういった瞑想法が日常に当たり前に溢れているのは、インドならではですね。

初めてサダナンダ先生の診察を受けた時に、「毎日15分間、運動・食事をするのと同じように瞑想しなさい」と言われたことがありましたが、そのときはピンときませんでしたが、後に浄化療法を受けてから、その効果を実感できるようになりました。

アーユルヴェーダでは、心身ともに良い状態である事が、幸せな人生に繋がっていくといわれます。
心と身体は、別々のものではなくて、ひとつであると。
身体をつくる良い食事と、体を維持する運動だけではなく、心のケアをする瞑想も健康にはとても大切だと実感しています。

 

今回のテレビの取材は、私にとっても、こうしたアーユルヴェーダの基本をあらためて気付かさせてくれた、とても良い機会になりました。

・  ・  ・

OSHO ダイナミックメディテーション(専用のBGMがあります)
http://www.osho.com/main.cfm?Area=Meditation&Sub1Menu=ActiveMeditation&Sub2Menu=Dynamic&Language=Japanese

第1ステージ(10分間)~速く、深く、激しい呼吸のステージ~
鼻で早い呼吸をしながら、しかも強く息を吐き出します。
深く、できるだけ早く、不規則な呼吸をします。
混沌とした状態で、予測のつかないリズムです。
いったんエネルギーが動き始めたら、体が動くにまかせて、さらに大きなエネルギーが湧くのを感じましょう。
このステージでは、ひたすら呼吸に専念します。

第2ステージ(10分間)~発散浄化のステージ~
自分の体に従いましょう。
それがなんであろうと、体のしたいように表現をさせます。
なすがまま、放り出す必要のあるものをすべて放り出します。
徹底的に狂ったように、歌ったり、わめいたり、笑ったり、叫んだり、泣いたり、飛び跳ねたり、ふるえたり、蹴ったり、踊ったり、発散しましょう。
何一つ抑えないで、動くがままに任せます。

第3ステージ(10分間)~フー、フー、とジャンプ~
肩や首をくつろがせ、肘をゆるめたまま両腕を高く挙げたまま、ジャンプします。
ジャンプしながら、足の裏でしっかりと着地をして、「フーッ、フーッ」と腹の底から深く叫びます。
かかとまでしっかりと着地をしながら、しっかりとジャンプします。
完全にくたくたになるまで全てを出し尽くしてジャンプし続けます。

第4ステージ(15分間)~突然静止するステージ~
どんな姿勢でいたとしても、このステージになったら、ストップ!突然静止。
そのままの姿勢を保ち続けます。
咳一つでもエネルギーの流れを散らしてしまう恐れがあります。
そうなると、これまでのすべての努力が水の泡です。
すべての起こっている事にたいして鑑賞者でありましょう。

第5ステージ(15分間)~祝祭のダンス~
音楽にあわせて踊りながら、なんであれ、すべてを表現して楽しみましょう。
生の喜びを祝い、楽しみましょう。

・  ・  ・

今回の取材の放映は7月15日(月)テレビ東京系列「主治医がみつかる診療所~若返りSP~名医が実践!超簡単な方法を大公開」でした。
皆様ご覧いただけましたでしょうか。

アーユルヴェーダの知識が、日本でも役立ちますように。

インド・プネのワゴリ・アーユルヴェーダ大学より。
大橋美和子



(コラム執筆)
お名前 大橋美和子さん
ホームページ http://blog.goo.ne.jp/kensyuki
ご紹介 薬剤師。現在、インド・プネのワゴリ・アーユルヴェーダ大学留学中。
(コラム連載)
「初めてのエビ・アレルギー!今度こそアーユルヴェーダ医師のところへ!」 Rieさん - 第3回 - (2017.06.13)


「ヘナでデトックス」 アーユルヴェーダヘナサロンVerde はぎのかずよさん - 第1回 - (2017.06.04)


「スリランカで実際に行うアーユルヴェーダ治療ってこんなもの!」 梅原しょうこさん - 第1回 - (2017.05.28)


「大自然の観察と心身の調和」 SitaRama ひるまさん - 第3回 - (2017.05.13)


「未消化物=毒素(アーマ)の排出」 アーユルヴェーダサロン・Richural 中村友恵さん - 第1回 - (2017.04.30)


「アーユルヴェーダの≪3つの心の質≫を知って心と体を整える」 朝倉智美さん - 第9回 - (2017.04.22)


「あなたに合う食べ物はなんですか?」 アーユルヴェーダ料理研究家 三浦 麻貴さん - 第2回 - (2017.04.12)


「スリランカ現地で発熱!村の小さな診療所」 Sri Saumya(スリサウムヤ) Rieさん - 第2回 - (2017.04.03)


「根源のエネルギー、ターメリックを取り入れる」 SitaRama ひるまさん - 第2回 - (2017.03.25)


「アーユルヴェーダの聖地・スリランカ滞在記」 Sri Saumya(スリサウムヤ) Rieさん - 第1回 - (2017.03.16)


「アーユルヴェーダは今のあなたを映し出す」 Y's season 吉原 由夏さん - 第1回 - (2017.02.16)


「インドのふりかけ『チャマンディポディ』」 水野 香織さん - 第2回 - (2017.01.26)


「薬にならないものはない」 アーユルヴェーダ料理研究家 三浦 麻貴さん - 第1回 - (2016.12.11)


「女子力も男子力もアップするミラクルなギー!」 水野 香織さん - 第1回 - (2016.11.30)


「シロダーラで脳に深いリラックスを」 ガネーシャ 宮崎瞳さん - 第1回 - (2016.11.20)


「ガルシャナ+オイルのセルフケア」 ヨーガ・アーユルヴェーダセラピスト 林亜希さん - 第2回 - (2016.11.13)


「オージャス通帳を作って、健康と若さを貯蓄しよう」 ルナーシャ 関充子さん - 第2回 - (2016.09.20)


「夏は火(ピッタ)の季節 」 カナディール 朝倉智美さん - 第8回 - (2016.08.27)


「快適な夏の過ごし方とおすすめハーブウォーター」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第15回 - (2016.08.05)


「早起きが人生を変える理由」 マナス 住吉真知子さん - 第1回 - (2016.07.25)


「生活に根付くハーブ療法」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第14回 - (2016.07.18)


「インド・スパイス家庭料理『パオバジ』」 ミシュラ京子さん - 第7回 - (2016.05.29)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『紫ウコン』」 もだま工房 彦田治正さん - 第4回 - (2016.05.20)


「朝日を浴びる『ブラフミームフールタ』」クスママーラー 大嶺由香さん - 第1回 - (2016.05.10)


「アーユルヴェーダの原典『アタルヴァヴェーダ』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第13回 - (2016.05.04)


「『タルパナ』太らせるためのアーユルヴェーダ」 ルナーシャ 関充子さん - 第1回 - (2016.04.10)


「ヘナという植物」 Trinity 小林佐知子さん - 第1回 - (2016.03.08)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『春ウコン』」 もだま工房 彦田治正さん - 第3回 - (2016.02.13)


「日本の言葉の中から見つけるもの」 サヴァサナ SARAさん - 第10回 - (2016.02.05)


「インドの音楽療法とアーユルヴェーダ」 民族音楽療法士 若林忠宏さん - 第2回 - (2016.01.31)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『ブラフミ』」 もだま工房 彦田治正さん - 第2回 - (2015.12.30)


「インド・スパイス家庭料理『アルーゴビのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第6回 - (2015.12.23)


「インドの音楽療法とアーユルヴェーダ」 民族音楽療法士 若林忠宏さん - 第1回 - (2015.12.07)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『トゥルシー』」 もだま工房 彦田治正さん - 第1回 - (2015.11.30)


「トリカトゥ/疲れている時にはアーマ(毒)出しを」 MyCocoon 岸川杏子さん - 第1回 - (2015.11.22)


「身体の『知性』を呼び起こす」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第12回 - (2015.11.03)


「アガスティアの葉に出会う旅」 アーユルヴェーダライフ管理人 - 第1回 - (2015.10.04)


「清らかな食べ物、清らかな思考」 Oriental Approach 廣澤貴子さん - 第1回 - (2015.09.10)


「夏の夜を快適に/アーユルヴェーディックヨガ」 Santania 西園和代さん - 第2回 - (2015.09.01)


「アーユルヴェーダと夏」 カナディール 朝倉智美さん - 第7回 - (2015.08.16)


「肌トラブルとアーユルヴェーダ」 ayurveding タイラ ヒカルさん - 第1回 - (2015.08.06)


「健康に楽しく夏を過ごすためのアーユルヴェーダのアドバイス」 アヌパマ先生 - 第1回 - (2015.07.23)


「気候の変化の激しい時期『20のグナ(質)』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第11回 - (2015.06.06)


「ドーシャ別簡単ストレス解消法①/ヴァータ編」 Santania 西園和代さん - 第1回 - (2015.05.04)


「インド・スパイス家庭料理『春のベースンサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第5回 - (2015.04.06)


「スリランカの魅力とアーユルヴェーダ」 カナディール 朝倉智美さん - 第6回 - (2015.02.18)


「アーユルヴェーダの花粉対策」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第10回 - (2015.02.05)


「晩冬の過ごし方」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第9回 - (2015.01.11)


「インド・スパイス家庭料理『ミックスダール』」 ミシュラ京子さん - 第4回 - (2014.12.28)


「私たちの五感『皮膚と触覚』」 カナディール 朝倉智美さん - 第5回 - (2014.12.16)


「インドのスパイスとアーユルヴェーダ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第8回 - (2014.11.08)


「頭を大切にしましょう」 アーユルビューティ 長尾理恵さん - 第1回 - (2014.10.26)


「秋の不調を整えるメンテナンスオイル」 AYUR SPACE Laxmi 一丸千尋さん - 第1回 - (2014.10.13)


「インド・スパイス家庭料理『クムラ(かぼちゃ)のカレー』」 ミシュラ京子さん - 第3回 - (2014.10.01)


「私たちの五感『口と味』」 カナディール 朝倉智美さん - 第4回 - (2014.09.23)


「入るもの、溜まるもの、出すもの、取り入れるもの」 サヴァサナ SARAさん - 第9回 - (2014.09.15)


「インドネシア・バリ島の伝承医薬『ジャムウ(jamu)』」 林亜希さん - 第1回 - (2014.08.12)


「インド・スパイス家庭料理『オクラのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第2回 - (2014.08.04)


「私たちの五感『鼻と香り』」 カナディール 朝倉智美さん - 第3回 - (2014.07.07)


「アーユルヴェーダの外科治療」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第11回 - (2014.07.01)


「梅雨の季節のセルフケア」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第7回 - (2014.06.16)


「インド・スパイス家庭料理『キャベツのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第1回 - (2014.06.08)


「オイルケアで若返る」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第7回 - (2014.06.01)


「私たちの五感『耳と音』」 カナディール 樋山智美さん - 第2回 - (2014.05.06)


「医は仁術」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第6回 - (2014.04.20)


「『食』を知ると自然と『解毒』できるというお話し」 サヴァサナ SARAさん - 第8回 - (2014.04.05)


「私たちの五感『目と色彩』」 カナディール 樋山智美さん - 第1回 - (2014.03.26)


「インドのおみやげ」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第5回 - (2014.03.17)


「サットヴァを輝かせる」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第6回 - (2014.03.11)


「3つの学習方法」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第4回 - (2014.02.19)


「アーユルヴェーダで寒い冬を健やかに」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第5回 - (2014.01.26)


「エネルギー満ちる冬」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第3回 - (2014.01.10)


「12月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第18回 - (2013.12.22)


「身体によい食事」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第2回 - (2013.12.03)


「11月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第17回 - (2013.11.23)


「アーユルヴェーダの一日の過ごし方」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第10回 - (2013.11.17)


「無駄なことと贅沢なこと、大事なことと感じること」 サヴァサナ SARAさん - 第7回 - (2013.11.07)


「アーユルヴェーダの干しぶどう」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第1回 - (2013.10.31)


「10月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第16回 - (2013.10.24)


「9月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第15回 - (2013.09.24)


「ガネーシャ・チャトゥルティ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第9回 - (2013.09.15)


「活力の素『オージャス』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第4回 - (2013.09.04)


「8月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第14回 - (2013.08.10)


「アーユルヴェーダと若返り」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第8回 - (2013.07.22)


「暑い夏におすすめのヨーガ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第3回 - (2013.07.10)


「7月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第13回 - (2013.07.03)


「健康に暮らすことはとてもシンプル」 サヴァサナ SARAさん - 第6回 - (2013.06.16)


「6月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第12回 - (2013.06.08)


「インドの食生活とアーユルヴェーダ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第7回 - (2013.05.25)


「身体と心の捉え方(ヨーガの身体観・5つの鞘)」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第2回 - (2013.05.19)


「アグニ(消化の火)」 PADMIN Kayoko Thomasさん - 第1回 - (2013.05.11)


「5月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第11回 - (2013.05.04)


「ヴァータの時間の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第10回 - (2013.04.27)


「インドの暑い春!!」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第6回 - (2013.04.19)


「アーユルヴェーダは私たちの中にあります」 サヴァサナ SARAさん - 第5回 - (2013.04.15)


「4月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第9回 - (2013.04.04)


「アーユルヴェーダの六つの味」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第8回 - (2013.03.20)


「健康であるため心得ておくこと ~意識の道具『心』~」 サヴァサナ SARAさん - 第4回 - (2013.03.10)


「春におススメのヨーガアーサナ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第1回 - (2013.03.03)


「サットヴァな食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第7回 - (2013.02.27)


「アーユルヴェーダのヘッドマッサージ」 アーヤタナ・ヒーリングスペース 林ミナさん - 第1回 - (2013.02.23)


「アーユルヴェーダとチョコレート」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第6回 - (2013.02.13)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第5回 - (2013.02.09)


「スパイス・ハーブの効能一覧」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第3回 - (2013.02.04)


「軽い質の食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第6回 - (2013.01.26)


「インド便り・ケララレポート」 Shanti Rupa ひるまさん - 第1回 - (2013.01.24)


「丁寧に暮らしてみる」 サヴァサナ SARAさん - 第3回 - (2013.01.18)


「サットヴァな生き方を目標に」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第5回 - (2013.01.11)


「ヴァータのバランス」 サヴァサナ SARAさん - 第2回 - (2012.12.23)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第4回 - (2012.12.20)


「日本の中にあるアーユルヴェーダ」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第5回 - (2012.12.17)


「アーユルヴェーダの『食』について」 サヴァサナ SARAさん - 第1回 - (2012.12.2)


「『ディアチャリア』理想的な1日の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第4回 - (2012.11.21)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第3回 - (2012.11.15)


「手当てはプラーナを送る?」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第4回 - (2012.11.06)


「マルマとヨーガ」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第2回 - (2012.10.24)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第2回 - (2012.10.20)


「『至福』のオイルマッサージ」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第3回 - (2012.10.16)


「ハーブ・スパイス・オイルについてのあれこれ」 ヴァーユ Megumiさん - 第1回 - (2012.10.14)


「かぼちゃと豆乳の温かいスープ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第3回 - (2012.10.01)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第1回 - (2012.09.18)


「日本の食『オカサトミア』」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第2回 - (2012.09.14)


「“呼吸法”・“瞑想”のすすめ」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第1回 - (2012.09.10)


「アーユルヴェーディックな豆腐サラダ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第2回 - (2012.09.03)


「出来立ての食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第1回 - (2012.08.25)


「アーユルヴェーディックな夏のそうめんレシピ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第1回 - (2012.08.01)




ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
エバーグリン・トラベル
アーユルヴェーダサロン ウパスティティ

アーユルヴェーダとは
基本理論
体質論(ドーシャ理論)
ドーシャの体質チェック
診断法(脈診)と心身浄化法(パンチャカルマ)
ヴェーダについて
トップページに戻る

ダッタ・クリヤ・ヨガ
アーユルヴェーダとヨガ(Ayurveda and Yoga)で心と身体を繋ぐ。アーユルヴェーダとヨガの情報サイト「アーユルヴェーダスタイル」
アーユルヴェーダ・健康レシピ・スパイス一覧|代表的なスパイスをご紹介します。
インドの神様|アーユルヴェーダに関係深いヒンドゥーの神様をご紹介します。
ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
インド伝統雑貨 SitaRama(シーターラーマ)
ヘナ日和